鉄道部門

鉄道部門

2006年より、ミャンマーに鉄道車両輸出を開始し、約250両(2019年時点)納入している。現地において、気動車は広く一般市民の足となり使用され、ミャンマーの重要な交通機関として活躍しております。また近年はタイなど東南アジア全般に向けた輸出も行っております。

政府から委託業務

  • ミャンマー鉄道省より鉄道車両及び部品供給の委任を受ける当社は、2006年、ミャンマー鉄道省より鉄道車両及び部品などの供給に関して、委任を受け、納品をさせて頂いております。ミャンマーでの鉄道を中心とした国の発展のため、日々努力させて頂いております。

輸出実績

  • 日本の車輌を世界へ
    今後広がる展開ミャンマーへ2006年に鉄道車両輸出を開始し、現在までに気動車を始め各種車両を約250両納入させて頂いております。また、タイなど東南アジア向けに、機関車や貨物車輌も輸出しております。

納品後の実例

  • 車輌のみならず、技術支援を行っております。主に気動車を納品させて頂いておりますが、お客様の安全対策として、車輌のみだけでなく出来る限りの技術支援も行い、納品を行っております。 日本の車輌は、主に生活の足として、現地の人には快適性が高く人気があります。